家庭教師ブログ

「大阪府公立中高一貫校に合格するには」富田林中学校・大阪市立咲くやこの花中学校 の紹介

2023.01.17

「大阪府公立中高一貫校に合格するには」富田林中学校・大阪市立咲くやこの花中学校 の紹介

こんにちは。家庭教師campライターの槌谷です。今回は大阪府の公立中高一貫校の大阪府立富田林中学校大阪市立咲くやこの花中学校についてご紹介いたします。

これまでの公立中高一貫校紹介シリーズはこちらをクリック! 

富田林中学校 ◎概要

まずは立地・交通アクセスを確認していきましょう。

〒584−0035 大阪府富田林市谷川町4−30

 

大阪阿部野橋から最寄り駅まで約30分

近鉄長野線富田林西口から南へ500m

 

富田林中学校は2017年4月に「とんこう」の愛称で親しまれてきた富田林高校に、併設の形で大阪府立初の中高一貫校として開校しました。

富田林中学校 ◎特色

富田林中学校は、地域に根ざしながら世界的な視野を持ち、国際社会に貢献できるグローカル・リーダー(global・local)の育成を教育目標として掲げています。

 

また、アクティブラーニングの視点に基づき、グローバルな視野とコミュニケーション能力を育むための試みとして、「モーニングイングリッシュタイム」「イングリッシュキャンプ」「オンライン英会話」「海外修学旅行」「国際交流」「グローバルリーダー育成海外研修」などの取り組みが行われています。

富田林中学校 ◎入試対策

富田林中学校の選抜は適性検査Ⅰ・Ⅱ・Ⅲと作文の計4種類で、適性検査は各45分、作文は30分で行われます。

適性検査Ⅰ

適性検査Ⅰでは国語的問題が出題されます。国語を適切に表現し正確に理解するための基礎基本の知識・技能、ほかの人の立場で考える想像力、わかりやすく伝えるための表現力及び筋道立てて考えるための思考力と思考に基づく判断力が問われます。また文字数が多く、先の本文の読み取り・分析する力だけでなく、例年記述問題も出題されているため、記述力も非常に重要になっています。

適性検査Ⅱ

適性検査Ⅱは理科・社会の複合問題となっており、理科や社会の知識をもとに資料やデータを活用する力や論理的思考力及び課題発見力が求められます。理科は問題本文が長いため、長文や図・資料を読み取る練習を日々重ねておきましょう。社会では重要語句を覚えておくだけでなく、理科同様に本文資料を読み取り、問われていることに正確に記述する必要があります。

適性検査Ⅲ

適性検査Ⅲは、算数的問題が出題されます。資料・図表や与えられた条件などから見通しをもち、判断や考察をし、問題解決を図る能力が問われます。問題を解く上では時間制限内にいかに早く正確に計算できるか、また書かれている情報を正しく読み取り丁寧に記述する力が求められます。

作文

作文は与えられたテーマに従って自身の考えや体験を書く問題です。中高一貫校で6年間学び続けていくことができる意欲・適性及び自らの考えや意見を論理的かつ適切に表現する力が問われます。問題文の条件から何が問われているのかを判断し、表現する力が必要です。

咲くやこの花中学校 ◎概要

こちらもまずは立地・交通アクセスから確認していきましょう。

〒554-0012 大阪市此花区西九条6-1-44

 

JR環状線・阪神なんば線 西九条駅から徒歩6分

 

咲くやこの花中学校は2008年に大阪市立扇町高等学校と大阪市立此花総合高等学校を統合改編し、併設型の中高一貫校として開校しました。

咲くやこの花中学校 ◎特色

特色あるカリキュラムとして分野別学習を取り入れています。前半3年間の中学校ではものづくり(理工)、スポーツ、言語、芸術(美術デザイン)の4つの分野に分け、早くから興味や関心のある分野の才能を伸ばすことができます。また後半3年間の高校では系列学習が行われ、より発展的・専門的な内容になり、すべての系列において大学進学に対応したカリキュラムが組まれています。

 

咲くやこの花中学校はこの分野別学習や系列学習などの教育を計画的かつ継続的に実施し、将来の大阪を担うスペシャリストの育成を目指しています。

咲くやこの花中学校 ◎入試対策

咲くやこの花中学校の選抜は適性検査Ⅰ・Ⅱと作文の計Ⅲ種類で、適性検査Ⅰは45分、適性検査Ⅱは60分、作文は15分で行われます。なお適性検査Ⅱは受験する分野により問題内容が変わります。

適性検査Ⅰ

国語と算数の混合問題です。国語分野は基本的な文章読解の問題です。普段から文章要約やほ本文の内容を踏まえた意見を記述出来るよう練習しておきましょう。また、算数分野は図や表などから条件に沿って考える問題が出題される傾向にあります。

適性検査Ⅱ: ものづくり(理工)分野

数学的な見方を重要視されるため、算数、理科分野の問題が出題されます。規則性や物理の問題が出題傾向にあります。

適性検査Ⅱ: 言語分野

文章や資料を読み、それに沿った文章を書くといった問題が出題されます。正確に読み取る力、それを文章にする力が求められます。

適性検査Ⅱ: 芸術(美術デザイン)分野

色鉛筆で絵を描く問題が出題されています。出題通りにかけるかという点と、表現力で評価されます。

適性検査Ⅱ: スポーツ分野

基礎運動能力を測るため、実技の試験を行います。50m走、30m走、立ち幅跳びの3種目のうち2種目の点数で合否を決定します。

作文

出題された問いに対し、13~17行(260~340字)で作文を書きます。作文を書く上での条件は少ないので、自分自身を表現することが重要になってきます。

大阪府公立中高一貫校(富田林中学校・咲くやこの花中学校)対策なら家庭教師camp

富田林中学校・咲くやこの花中学校志望で勉強にお困りの方は、ぜひオンライン家庭教師の家庭教師Campにご相談ください。オンライン家庭教師の家庭教師Campでは大阪府の公立中高一貫校の学校別対策授業をご用意しております。2022年入試においては都立中合格者計174名(定員に対する占有率10%)を輩出しております。

 

都立中対策で培った指導ノウハウを活かし、皆さんの志望校合格を徹底サポートしていきます。ぜひ家庭教師Campにお問い合わせください。

▼大阪府立富田林中学校対策コースの詳細はこちら!▼

大阪府立富田林中学校対策コース

▼大阪市立咲くやこの花中学校対策コースの詳細はこちら!▼

大阪市立咲くやこの花中学校対策コース

【この記事を書いた人】
槌谷
【略歴】
講師歴10年、個別指導塾での講師経験を活かし、現在はena個別で校舎運営・指導を行う。
中学受験では都立立川国際中、三鷹中、武蔵中に合格実績あり。高校受験では国立高校、新宿高校、国分寺高校、大学受験では早稲田大学、明治大学、中央大学などの合格者を輩出。これまでの指導経験をもとに勉強に役立つ情報を発信します。

難関中高大受験のための
オンラインマンツーマン指導
月額 5,500円(税込)~
入会金・管理費・解約金はありません

カテゴリ一覧