戸山高校対策コース

都立高校の配点比率

戸山高校をはじめとする都立高校は、内申点300点+学力検査700点の1000点満点で合否が決まります。

内申点
30%
学力検査得点
70%

原則すべての学校がこの比率で点数を計算しています。

内申点は9教科オール5で65点満点で計算します。
音楽・美術・保健体育・技術家庭の4教科は2倍の点数で計算されます。

学力検査は各教科100点満点の5教科500点満点です。これを700点満点に換算して計算します。

戸山高校の出題傾向

戸山高校では国語・数学・英語が自校作成問題、理科・社会が共同作成問題となります。

戸山高校の国語

例年大問5題の構成で、大問3に比較的古い時代の文章が取り上げられるのが特徴的です。独特な言い回しや仮名遣いに慣れておくと読みやすいでしょう。説明文は対比がうまくつかめればそれほど難解ではない文章での出題が多いため、文中で対になっている言葉を正確にとらえる訓練が重要です。

戸山高校の数学

小問集合のほか、関数・平面図形・立体図形の問題が出題されます。近年はどんな公式や定理が使えるかに気付くことができれば得点しやすい問題が多いため、さまざまなパターンの問題に触れて解法を知っておくことで対策できます。

戸山高校の英語

リスニングのほか、対話文読解と長文読解が出題されます。長文読解の最後に写真やグラフを見て英作文を書く問題が出題されており、小論文などで出題されるような内容の対策が必要です。

家庭教師Campの戸山高校対策

中1

内申点の確保には、早い時期からの定期テスト対策が重要です。定期テストに先駆けて学習を進め、直前にテスト対策や提出物準備に追われないよう学習のペースを作ります。テストの最後に出題される難問も解ききれるように対策します。

中2

中2になると、内申点を確保するだけでなく、受験対策を本格的に始めていく必要があります。日頃の授業から発展問題にもふれ、難問に対応できる応用力をつけていきます。

中3

難問が出題される国語・数学・英語は特に入念な対策が必要です。中学校の範囲を夏前までに終わらせ、入試実戦演習を行います。特に独特な題材で出題されることの多い国語の対策として、説明文の構造や言葉の対比をとらえる練習をしていきます。

戸山高校対策コースの概要

概要

【時間】各教科50分×月4回 17:00~22:00の間でご希望の時間帯にご予約いただきます。
【料金】各教科11,000円(税込)/月
【教科】国語・数学・英語・理科・社会
【授業形態】オンラインマンツーマン指導

お申し込み方法

1教科の場合は「50分コース」、2教科の場合は「100分コース」でご登録ください。

ご要望欄に「戸山高校対策コース申し込み(受講教科名)」とご記載ください。

お申し込みが確認できましたら、事務局からメールにてご案内いたします。

※3教科以上お申し込みの場合はお問い合わせください。

すでに会員の方は受講生マイページからお申し込みください。