今お通いの塾でおこなっている京都府立洛北高等学校附属中学校対策の
フォローをご希望の方はこちら

塾フォローコース▸

中学受験に強いオンライン家庭教師が指導する

京都府立洛北高等学校附属中学校対策コース

今お通いの塾でおこなっている京都府立洛北高等学校附属中学校対策の
フォローをご希望の方はこちら

塾フォローコース▸

【良問が集結!】京都府立洛北高等学校附属中学校の対策に最適なテキスト

京都府立洛北高等学校附属中学校の入試対策に使用しているテキストは、京都府立洛北高等学校附属中学校の出題傾向に沿った問題を多く取り扱っています。

京都府立洛北高等学校附属中学校入試問題

使用テキスト内の問題

京都府立洛北高等学校附属中学校とは

カリキュラム充実による学習促進

高校に至るまでの6年間の教育課程(基礎期、充実期、発展期)に分かれていて、このうち洛北中においては高校内容の先取り、主要5教科を26~27人に絞っての少人数指導により個々人の学習力強化を推進しています。

自然科学を通した豊かな創造力形成

洛北中の基本コンセプト「SCIENCE サイエンス」を基に、自然科学に親しみ21世紀に必要とされる本質的な洞察力、論理的思考力を視野に入れた教育課程に力を入れています。

京都府立洛北高等学校附属中学校の入学者選抜

全体の構成

適性をみる検査(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ それぞれ試験時間50分)、面接、報告書の観点から総合的な評価で入学者選抜が行われます。適性をみる検査(Ⅰ~Ⅲ)は国語・算数・理科・社会からバランスよく出題されます。検査Ⅰでは国語の内容から出題、検査Ⅱでは理科、社会を混合した内容から出題、検査Ⅲでは算数の内容から出題されています。どの科目も問題文が長いのが特徴です。

検査の出題傾向

検査Ⅰ

検査Ⅰでは随筆や論説文などの読解問題、原稿用紙1枚ほどを使った作文問題が出題される傾向として見受けられます。洛北中で学習する「科学」の内容が文章題として出される傾向があります。国語であっても「学習」や「科学」に関するテーマが読解として出題されるため、日頃から学習目的を考えた生活を送ることがカギとなります。

検査Ⅱ

検査Ⅱでは理科や社会にどれほど関心があるか問われる内容となっています。与えられた資料やグラフを正しく読み取り、なぜそれが答えなのかを根拠を持って答える必要性があります。社会の問題では歴史や公民も出題される可能性があるので日頃から社会的な問題にも関心を寄せると良いでしょう。

検査Ⅲ

検査Ⅲの算数では速さ、割合、規則性などあらゆる単元をベースに出題されます。 単純な計算問題ではなく、結果に至るまでのプロセスを論理的に考え、記述する思考力と分析力が求められます。立体図形のパターンを考える問題など、公立中高一貫の頻出問題にも対策する必要があります。

京都府立洛北高等学校附属中学校対策コースの特長

京都府立洛北高等学校附属中学校の出題傾向に合わせた特別カリキュラム

家庭教師Campの洛北高校附属中コースでは検査で求められる分析力や記述力を徹底指導いたします。入試で問われる論理的な説明力や、限られた時間内で正確に伝える、得点力を意識した対策で合格へと導きます。

使用テキスト

京都府立洛北高等学校附属中学校で問われる「論理的思考力」「判断力」「問題解決能力」を鍛える公立中高一貫校適性検査対策オリジナル問題集+志望校別対策教材を使用します。


コース概要

対象

小4~小6

教科

小4 国語・算数・理科・社会
小5 理系・文系・作文・算数演習
小6 理系・文系・作文・京都府立洛北高等学校附属中学校対策特別科目
※月に1回学力判定テストがございます。

合わせての受講推奨!
学力判定テスト

日々のカリキュラムに合わせた学力判定テストを受講することで、理解度の確認が行えます。

お通いの塾のフォローをしたい方はこちら


京都府立洛北高等学校附属中学校対策コースの料金・時間


各教科 50分×月4回 11,000円(税込)

受講の流れ

※2教科以上での受講をご希望の場合は、家庭教師Camp事務局までお問い合わせください

お申込み 新規会員登録

お申し込みフォームから新規会員登録を行います。会員登録時、受講コースは「50分コース」をお選びください。ご要望欄に「京都府立洛北高等学校附属中学校対策コース申し込み」とお書きください。 すでに会員登録がお済みの方はコース変更より変更してください。

ご案内

家庭教師Camp事務局より教材や学力判定テスト、ご受講についてのご案内メールが届きます。 ご案内後、授業のご受講が可能となります。

この講座を受講する

すでに会員の方は受講生マイページからご購入ください。

▽京都府立洛北高等学校附属中学校の相談会はこちら