都立中ひろば

都立中在籍生、都立中受検生、都立中出身教師が集まる掲示板です。下のコメント欄からご自由に書き込みいただけます。

ただいま、学校別のスレッドを準備中です。ご期待ください!

  1. 家庭教師Camp事務局 より:

    こんにちは!
    都立中に関することをなんでも書き込んでください。

  2. H.U より:

    6年生になって難しい問題がたくさん出てくるようになり、長い会話文や問題文を読み取って理解するのに苦戦しています。
    たくさん練習することも必要だと思うけれど、注目したほうがよいポイントや読みとるときのコツがあれば知りたいです。

    • 南多摩中出身 椿あゆ実 より:

      語句が難しくなっていると感じるなら辞書などを使て調べるようにしましょう!一つ一つ調べることで頭にも残りやすくなります。
      慣れも大事ですが、長い分に関しては区切って部分ごとに理解し、そのつながりを意識すると良いと思います!
      頑張ってください!!

    • H.U より:

      ありがとうございます!
      あまり調べながら勉強したことはなかったので、わからない言葉はちゃんと調べるようにしてみます。

  3. F.T より:

    四字熟語やことわざなどの知識は身につけておいたほうがよいですか?

    • 南多摩中出身 椿あゆ実 より:

      のちのち国語の長文読解で役に立ちます!
      高校・大学受験でも使えるので覚えた方がいいと思います。
      時間を見つけて少しずつ頑張ってください!

  4. 都立富士中3年 T.Y より:

    次高校1年になります。中学の時と比べて高校では定期テストの勉強は大変になると思いますので、テスト前の準備はどれくらいから始めましたか?

    • 富士中出身 三井 凜 より:

      私は部活が運動部で忙しかったのもありテストの準備は1週間前の部活禁止期間から主に始めていました。スタートが遅い分、授業では確実にノートやメモを取って集中して聞いていました。高校では確かに科目も増えて難しくなりますが、テスト期間も長くなるため1日あたりに受ける科目数は実は減ります。その分勉強の計画も立てやすくなって意外と中学よりも心の余裕があった気がします。高校のテストでも頑張ってください。

  5. F.T より:

    自分の言葉で文章を書いて説明するのが苦手です。記述のコツを教えてください。

    • 南多摩中出身 椿あゆ実 より:

      いきなり全てを説明しようとすると難しいと思うので、一文を短くして記述することを心がけるとわかりやすい解答が作れると思います。文系の問題ならば必要な要素を意識して(具体的な数値など)解答を作りましょう!

  6. E.N より:

    単位をかえる問題が苦手です。計算の中でもとくに苦手です。どう勉強したらよいかアドバイスがあったら教えてほしいです。

    • 三鷹中出身 乗安栞大 より:

      「時間」を「秒」に変えるような問題で、×3600すれば良いなど、機械的に覚えてしまうのは特定の問題にしか対応できなくなってしまうので良くないと思います。なぜ3600倍になるのか?などしっかりと単位の仕組みを順序立てて、理解するようにしましょう。

    • 南多摩中出身 亀田 瑞貴 より:

      kgとgそしてmgのkやmがなにか考えたり、特に時間は60で繰り上がるので少数や分数が出てきた時にはよく考える必要があります。
      たとえばkは1000倍、mは1000分の1という意味があります、時間だったら2分の1時間、また0.5時間は50分ではなく30分であることを忘れてはいけません。

  7. R.K より:

    複雑な図形の面積や体積などの計算に時間がかかります。はやく解くコツなどはありますか?

    • 南多摩中出身 亀田 瑞貴 より:

      複雑な図形はもちろん計算に時間はかかります、しかし考え方としてそのまま求められなければ要らないところの面積を引くということ、
      あとは計算面では要らないところを引く計算をするとき、2つの図形の面積を足す時などに×3.14や÷図形の高さなどを何度もしていませんか?式を1つにまとめることで×3.14などの複雑な計算をする回数を一度にできるかもしれません。

  8. C.K より:

    公式は覚えられても実際に解くときに使いこなせません。アドバイスがほしいです。

    • 富士中出身 三井 凜 より:

      まず公式の文字が表す意味を理解することが大事です。形だけを覚えていてもどれが何を表しているか分からなければ活用するのは難しいです。また、解いていく中で公式を使うタイミングはだいたい似てくるため、「この問題のタイプでこの数値が分かっているから、あの公式を使おう」というように体が覚えていきます。簡単なレベルの問題からだんだん難易度を上げて問題数をこなしていくことで感覚を掴んでみてください。

  9. H.U より:

    体験がうまく書けません。いつも字数があまってしまうのですが、どうしたらよいですか。

    • 南多摩中出身 椿あゆ実 より:

      字数が余ってしまう時は次の2つのパターンが考えられます。
      ①必要な情報が不足している。
      ②具体的にかけていない

      ①の場合は、いつ、誰が、何をしたのような、体験を話す上で必要な要素が欠けていないか確認して書き足せるとよいと思います。

      ②の場合も同様ですが、具体的に書き加えられるところが詳しく書けると字数をカバーできると思います。
      ただし、お店の名前や商品名、場所の名前など必要でない部分を無理にのばそうとするのは危険なので、あくまでも内容を深めることを意識してください!

  10. F.U より:

    合格した先輩たちがどういうふうに勉強していたかが知りたいです。工夫していたことや、おすすめの勉強法があれば教えてください!

    • 武蔵中出身 洪 多孝 より:

      過去問を見て傾向を調べて、それに対する対策をしていました。例えば、私の志望校は作文は要約の問題が1番初めにあったので先生に添削していただきながら、朝日新聞のコラムや天声人語の要約を毎日一つずつやっていました。
      とにかく1番大切なのは志望校の傾向を掴むことです。合格に向かって頑張ってください!

  11. 都立富士中3年T.Y より:

    卒業式が終わって今結構時間を持て余しています。高校生活をむかえるにあたってやっておくべきことはありますか?

    • 武蔵中出身 洪 多孝 より:

      ご卒業おめでとうございます!
      高校生になると、勉強の進度が一気に速くなるので、今のうちに中学3年生でやった範囲を軽く復習しておくといいと思います!特に数学はついていくのが大変です…!
      高校生活楽しんでくださいね♪

  12. M.K より:

    過去問は何回くらいやった方が良いですか?

    • 三鷹中出身 乗安栞大 より:

      過去問はもちろん回数を重ねることに越したことはないですが、受験の近い12、1、2月に闇雲に回数を重ねることは得策ではありません(苦手な単元、科目の復習が必要なため)。一回目は全部解く。2回目は全部、もしくは間違えた問題のみ。3回目は間違えた問題のみを解き直し、自分の志望校に関しては、過去5年分を3周ほどすると良いとおもいます。

  13. S.D より:

    文系が苦手です。克服するためにはどのような勉強をすればよいですか?

    • 南多摩中出身 椿あゆ実 より:

      自分の言葉で説明する練習を積めば、自然と文系の問題の得点力は上がると思います!まずは自分の言葉で書いてみることを始めてみてください!文系の記述問題は基本的な書き方(解答に必要な要素)が決まっているため、まずは解答例を見て真似してみると書き方が分かると思います。頑張ってください!」

  14. M.K より:

    都立中受験においてどのような心構えが必要ですか。
    また、どの科目が大事などはありますか。

    • 南多摩中出身 椿あゆ実 より:

      急にできるようになる!といったことはあまりないので、あきらめずに頑張る忍耐力が大切かなと思います。理系科目が特に重要にはなりますが、記述力は文系・作文でも必要になるので、自分の言葉で説明する練習が大切だと思います。

  15. S.D より:

    受験校はどのように選びましたか?決め手などはありましたか?

    • 三鷹中出身 乗安栞大 より:

      都立三鷹は自分の家から徒歩10分圏内であったことが一番の大きな理由でした。中高一貫校なので、高校での部活では朝練などもあります。その際にはやはり近い学校に行く方が部活にも勉強にも専念できると思います。

  16. S.D より:

    都立三鷹中について教えてください。学校の特徴や、入試に向けた勉強法などを知りたいです。

  17. 三鷹中出身 乗安栞大 より:

    学校の特徴としては校舎が非常に綺麗で、どの都立中にも言えることだとは思いますが、とても熱意のある先生が多いです。
    入試に向けた勉強法としては、過去問の第一問は図形と規則性を織り交ぜた問題が多いなど過去問でよく出る系統の問題をはやめに予測し、他のテキストで演習すると良いと思います。

  18. 今度富士中1年になるS.Gです。 より:

    最初の中間テストが心配です。どんな内容でおこなわれるのですか?

    • 今度富士中2年になるF.Kです。 より:

      私は定期テスト対策は2週間以上前から取り組んでいます。テスト前だけでなく日々しっかり復習をしておくことが大事です。部活は1週間まえから休みになりますが、あわてなくていいように早めに勉強を始めておくといいです。

    • 富士中出身 三井 凜 より:

      最初の中間試験が心配なのは私も同じでした。私がいた時と定期試験の形態が変わっていますので確実なことは言えませんが、中一の最初はどの教科も初めて学ぶことがかなりたくさんあるので、そこまで応用問題は多くなかった気がします。例えば英語などは基本的な単語のつづりや文法を覚えたり、数学などは+と-を使った計算の仕組みを復習したりすることが試験勉強に繋がるかと思います。最初はまず勉強のペースを早く掴めることが試験での高得点につながります。頑張ってください

  19. F.T より:

    計算ミスが減りません。練習が必要なのは分かっていますが、都立中の問題のような桁数の多い計算を効率よく解く方法はありますか?

    • 富士中出身 三井 凜 より:

      桁数の多い計算でもコツはあります。特にミスをしやすいのは割り算ですが、私の場合は割る数と割られる数の1番左・左から2番目などの数を見て商のアタリを付けています。こうすると効率よく計算はできます。また百分率の計算だったら先に割られる数に100倍しておくと最後の四捨五入でのミスは確実に減ると思います。正確性を上げるにはF.Tさんも言っている通り練習することが1番です。筆算を大きく書く・字を大きく書く・だらだらせず集中して一気に解く、など細かい部分に気をつけながら練習してみてください。

  20. T.O より:

    南多摩中を受けようと思っていますが、実際に南多摩中に行った先輩がどういうふうに志望校を決めたのか知りたいです。

    • 南多摩中出身 椿あゆ実 より:

      学校の雰囲気と家からの通いやすさが決め手でした。
      電車通学は思った以上に体力を使うので、自分が通い続けられる距離にあるかは、結構大切なポイントかなと思います。
      学校の校風や進学率といった硬い面も気にしつつ、自分が6年間通えるかということも気にかけてみてください。

  21. S.D より:

    算数の公式や規則性を使った解き方が覚えられなくて困っています。どうやって勉強したらいいですか?

    • 三鷹中出身 乗安栞大 より:

      算数の公式は実際に問題を解かないと覚えにくいものが多いです。そのため、覚え切っていなくてもひたすら問題を解き続けることが一番の近道かと思います。

  22. M.K より:

    都立中に似ているような問題が出る私立学校について教えてください。

    • 武蔵中出身 洪多孝 より:

      こんにちは!
      私自身は、併願として國學院久我山中学校を受験しましたが適性検査型ではありませんでした。
      適性検査型の試験がある私立の学校として都立受験の練習によく受験するのは、宝仙中学校理数インターコース、八王子学園八王子中学校な気がします!
      ぜひ参考にしてください😊

  23. F.T より:

    三鷹中の学校の特徴や生徒の様子を、実際に通っていた先輩に聞きたいです。

    • 三鷹中出身 乗安栞大 より:

      三鷹中に通っている人の多くは部活動を大切にしています。しかし部活動だけでなく、毎週月曜日には補習があり、勉強をする姿勢も忘れません。試験一週間前には部活動も終わり、学校に残って自習する人も多く、お互いに勉強を聞き合えるため、試験1週間前はすごく楽しかった思い出があります。

  24. M.K より:

    都立中の特徴について教えてください。

  25. 南多摩中出身 亀田 瑞貴 より:

    都立中の1番の特徴としてはやはりカリキュラムだと思います。
    通常の中学校と違い高校受験がないため、中学校のうちに高校受験に向けてその範囲を学ぶ、といった必要もなく、また受験をくぐり抜けて来た生徒さん達なので普通よりも早く授業を進めていけます。
    なので体系的に、もっとわかりやすく言うと数学(算数)がわかりやすいのですがこの公式を理解したらこの問題もわかる!、この問題にも使える!といったように学んでいけます。
    全体的にいうと高校2年生までに基本的な勉強をほとんど終わらせて、高校3年生では大学受験に力を入れたりできます。
    つまり未来まで考えているのが特徴だと思います。

  26. S.D より:

    面積の単位がそろっていないときもスラスラ計算できるようにするにはどうしたらよいですか?

    • 三鷹中出身 乗安栞大 より:

      1㎡=10000㎠など機械的に覚えてしまうと、忘れてしまった時に焦ってしまうため、面積の単位換算などは覚えるのではなく仕組みをしっかりと理解するようにしましょう。1㎡=1m×1m=100cm×100cm=10000㎠と仕組みを大事にしましょう。

  27. M.H より:

    図形の問題が苦手です。複雑な図形の面積の計算のやり方がわかりません。何かコツはありますか?

    • 三鷹中出身 乗安栞大 より:

      複雑な図形とはいえ、基本的には分割してそれぞれを求め足すパターンか、全体から空白部分をうまく引くにパターンだと思います。そのため、図形に自身で補助線を引くことが大切になってきます。補助線の引き方は様々なパターンがあるのでたくさんの問題を解いて、色々な引き方を経験しましょう。

  28. ぱるる より:

    ものの変化の関係性が覚えられないのですが、コツはありますか。

    • 三鷹中出身 乗安栞大 より:

      規則性のことであれば、その数字だけで考えるのではなく、どのくらい増えているか、減っているかを実際に書き出すことが大切です。三鷹中では図形と規則性が同時に使われるケースが多いので、その場合には、過去問を中心に何度も挑戦しましょう。

  29. あんかけ焼きそば より:

    小6です。
    この前の塾の模試でD判定でした。
    今の時期に模試の点数が悪くても受かりますか?
    諦めた方がいいですか?

  30. 洪多孝 より:

    全然大丈夫です!
    私自身この時期にD判定は何度かとっていました。
    ここで諦めずしっかりと分析をして次に活かしていきましょう!一回くらい全然落ち込むことないです。自分を信じて勉強を続けてください。
    応援しています📣

  31. ちぃまる より:

    志望校を迷っています!
    最終的に決め手になったのはなんですか?
    行って良かった学校説明会などのイベントもあれば教えてください!

  32. 立川国際中出身 三瓶凛人 より:

    私は自宅から近い学校を選びました。学校が遠いと通学に時間が取られてしまうので、通学距離に関しても志望校を選ぶ際のポイントにしてみてはいかがでしょうか。

  33. ringo より:

    今小6です。基礎を徹底的にやるべきなのか、難しい応用問題にチャレンジするべきなのか分かりません。取り組む問題はどうやって決めるといいですか。

    • 桜修館中出身 浜田陽太 より:

      この時期はまだ基礎学力の向上に勉めて良いと思います。特に都立中の入学試験の問題は癖が強い問題が多く、偏って勉強してしまうと基礎学力に穴が空いてしまう場合も少なくないです。少なくとも夏休みまではperspective等で基礎学力を固める学習を続けて良いと思います。
      “応用問題”を入学試験の問題と捉えてこのように答えましたが、単純に複雑な問題の事であれば、得意な分野の応用問題は解いても良いと思います。応用問題を解く中で足りない基礎が見つかる場合もあります。しかし苦手な分野や自信が無い分野はまだ基礎に勉めるべきです。

  34. みっちゃん より:

    勉強をしているのに、テストで良い点数がとれません。テスト前に何をすれば良い点数がとれますか。

    • 武蔵中出身 洪多孝 より:

      私は理系が苦手だったので、復習ノートを見ていました。テスト範囲を確認し、その範囲の勉強を繰り返しするのが大事だと思います。

  35. くるみ より:

    学校見学や文化祭などの行事は何箇所、何回くらい行きましたか?

    • 武蔵中出身 洪多孝 より:

      武蔵と立川国際の文化祭に合計3回行きました。

      当時の私は行きませんでしたが、学校見学がオススメです。

      入学後に学校見学のスタッフをやった際、外向けにやっている文化祭よりも、

      学校見学の方が生徒との距離が近く、普段の学校の雰囲気がわかりやすいと感じました。

  36. sunny より:

    小6です!

    夏休み中遊びに行ってましたか??

    受験しない友達に遊びに誘われてますが、行っていいのか不安です。

    よろしくお願いします!!

    • 武蔵中出身 洪多孝 より:

      全然いいと思います!

      遊ぶ時はしっかり遊んだ方がストレス解消にもなります。

      ただ、その日全く勉強しないのではなく、少しでも机に向かう時間を作りましょう。

      楽しんでください!!

  37. よっしー より:

    一番楽しかった学校行事はなんですか?

    • 武蔵中出身 洪多孝 より:

      高校1年生の時のオーストラリアへの修学旅行です。

      Sサイズのハンバーガーを頼んだのにも関わらず、

      日本のLサイズ以上の大きさのハンバーガーが出てきたことが衝撃的でした!

  38. トシロー より:

    作文の成績が伸び悩んでいます。
    先生はどんな練習をしていましたか?

    • 三鷹中出身 乗安栞大 より:

      意見やそれに対する理由はその時の文章によるので、50文字でも良いので要約をすると良いと思います。
      そして個人的に最も有効だと思うのは、答えをうつすことだと思います。
      単に写すのではなく、どのような構成で作文が作られているか意識しながら写しましょう。

  39. とま より:

    5年生です。
    習い事をいくつかやってますが、そろそろやめたほうがいいのか不安です。
    先生は習い事やってましたか?いつごろやめましたか??

    • 南多摩中出身 横家孝祐 より:

      私は受験時には習い事をやっていませんでしたが、
      私の同級生には習い事をしながら受験し、合格した人もいました。
      自分の勉強とのバランスを考えながら、調整していくのが良いと思います。

  40. ユニゴン より:

    校則は厳しかったですか?

    • 桜修館中出身 浜田陽太 より:

      私が通っておりました桜修館中等の校則はそこまで厳しいものではありませんでした。いわゆるスカート丈の長さの制限や髪色の染色の制限はありましたが、理不尽と感じるような校則はなく、生徒会が学校運営の先頭にたち行う自由度の高い学校です。

  41. いわし より:

    都立中に入るメリットって何ですか?

    • 立川国際中出身 三瓶凛人 より:

      こんにちは。私が思うメリットとしては

      ・高校受験をしなくていいので、比較的ゆとりを持って勉強できる。

      ・6年間あるので学年全員との結びつきが強くなる。

      ・学費が安い

      の三点かなと思います。ぜひ都立中目指して頑張ってください!応援してます!

  42. ファントム より:

    過去問を解いてみましたが、全然点数が取れませんでした!
    もう7月ですが、大丈夫なのでしょうか??

    • 富士中出身 三井 凜 より:

      過去問をやってみて点数が取れずに焦る経験は私もしてきたので共感できます。ですがまだ7月で焦る必要はそこまでないと思います。解き直しをして、夏で自分の分からないところや苦手なところをなるべく解消してみてください。実践的な問題演習は夏以降に行うことが多いです。そこでの点数アップを目標にして夏の勉強に取り組んでみてはいかがでしょうか?

  43. みかん より:

    塾に通ったら都立中に合格できますか?

    • 小石川中出身 菊田陽奈子 より:

      塾は合格の確率を上げるための1つの選択肢であって、残念ながら塾に通ったからといって必ず合格できるわけではありません。「塾に通っているから安心」ではなく、そこで自分がどれだけ頑張れるか、また塾だけでなく家庭での学習の時間にどれだけ頑張れるかがとても大事です!塾は、分からないことや知らなかったことを教えてもらったり、なにからはじめたらいいかのヒントをもらったりするための場所として活用してみてください。

  44. もえ より:

    学校見学いったら、家から遠い都立中学に行きたくなってしまいました。通学にどのくらいかかってましたか?

    • 三鷹中出身 乗安栞大 より:

      僕は珍しいのですが5-10分で着く距離に住んでいました。中高一貫ということで中学のうちは良いのですが、高校では朝練がある部活もあります。それを踏まえると近い方がいいかもしれません。

  45. きじょん より:

    社会の問題が覚えられません。どうしたらいいですか?

    • 武蔵中出身 洪多孝 より:

      基本的に都立中の社会は知識よりも一般常識や時事問題などから問われることが多いです。普段からニュースや新聞などをよく見て情報を取り込み、興味のある分野については自分で調べたりして詳しくなるといいと思います。もちろん、覚えることも大切ですがまずはいろいろなことに興味を持ってみましょう!

  46. チュウデン より:

    過去問をやったらノートにまとめなきゃいけないですか?
    まとめたらどうなりますか?

    • 立川国際中出身 三瓶凛人 より:

      必ずノートにまとめなければいけない訳ではないです。ただ、まとめることで自分のミスを振り返りやすくなり、次に生かせると思います。また、書き溜めることで自分はこれだけやったという自信にもつながるのでおすすめです。 

  47. バナナよりいちご派 より:

    過去問って何周しますか?

  48. 桜修館中出身 浜田陽太 より:

    過去問を何周するかについては夏休みが終わった今の学力によって答えが分かれます。少なくとも1度は過去5年分に取り組む必要があります。そしてここからが分かれます。厳密には本番でどのような配分で得点することを目指すかにもよりますが、ここでは適性検査1,2でどちらも全体の7割を得点すると仮定してお話します。

    ※作文問題なので点数にズレが生じるため厳しめに採点して下さい。
    作文問題は「いかに体験を自然に交えるか」「正しい書式で解答できているか」の2点が特に大切なので「解答方法(交える体験談)の幅を増やす」ことが必要です。したがって何度も同じ問題に取り組むよりたくさんの種類の予想問題に取り組む方が必要なので、過去問は2周、多くても3周で良いです。2周する理由は、「1度答えたことがある問題では確実に点数を取れるようにするため」です。いわゆる振り返りです。

    計算問題は桜修館は東京都共通問題なのでそこまで傾向が変わっていません。そのため何回も復習して確実に正解する力をつける必要があります。したがって「何周するか?」の答えは「必ず正解できるようになるまで。」です。100点満点とは言わずとも9割を目指します。1度解いたら少なくとも1日は空けて解き直します。過去5年分でこれができたら次はさらに6年前から10年前の5年分でやります。11年前以降は古すぎるためenaが用意している予想問題やドリルに立ち返ることが良いです。

    適性検査の両方で7割に満たしていない場合はこれを両方やる必要があります。頑張りましょう。その場合適性検査1→適性検査2→適性検査1→⋯⋯と交互に取り組むことで頭を切り替える力もつくため良いです。
    桜修館の作文問題は癖が強い上に難しいため、どちらも7割を得点できた場合は適性検査2を磨く方が安定して得点できるようになるため良いです。(全体の点数配分を見ても明らかです。)
    長文になってしまい申し訳ございません。また分からない部分がございましたらお気軽にご質問ください。

  49. あっきー より:

    9月からの勉強で、意識した方が良いことなどはありますか。
    理系が苦手なので、その対策を中心に対策で良いですか。

    • 武蔵中出身 洪多孝 より:

      夏終わりからは少し勉強の割合を変えてもいいと思います。
      今まで苦手科目に重きを置いて夏は勉強をしてきたと思うので、今度は得意をさらに伸ばすということも同時に行なっていく必要があると思います。
      それを踏まえて、理系の勉強が今まで7割だったならば5割、その他の教科5割くらいにして勉強を進めていくと得意をさらに得意にしていき合格を掴みやすくなると思います!
      お勉強頑張ってください👌

  50. 丸岡製麵 より:

    夏休みコロナにかかってしまったのですが、これからでも取り返せますか?

    • 三鷹中出身 乗安栞大 より:

      コロナにかかわらず、受験勉強では思うように勉強できないかった期間が誰しも必ずあると思います。
      大切なのは、計画通りにいかなかった勉強期間の遅れをどこでどう埋め合わせるかを考えることと、
      うまくいかなかったことで落ち込んだりせず、気持ちで負けないことです。
      9月に入ったので、これを機会に勉強計画を再度見直してみてもよいと思います。
      試してみてください。応援してます!

  51. つっちー より:

    朝学校行く前に勉強しているのですが、なかなか集中できません。どうしたら良いでしょうか?

  52. 南多摩中出身 横家孝祐 より:

    朝の勉強はなかなか習慣化するまで時間がかかりますよね。
    夏休みが終わり、学校のリズムを取り戻すのもなかなか苦労すると思います。
    リズムがつかめてくるまでは、簡単な計算問題を1ページだけやるなど、負担の少ないものをやるようにして、
    「朝に勉強をすること」に慣れていくところから始めると良いと思います。
    頑張ってください!

  53. スパイダーマン より:

    小石川中志望なのですが、おすすめの併願校はありますか?

    • 小石川中出身 菊田陽奈子 より:

      併願校迷いますよね…!まず初めの段階として、「都立でも私立でも合格したところに行くつもりで、とにかく安定して合格を勝ち取りたい」のか、「小石川に行けないなら地元の中学でいい」のかを判断する必要があると思います。

      私の場合は後者で、私立に受かっても行くつもりが全くなかったので、私立併願しませんでした。私の周りでは小石川の試験の前に、練習のためにいくつか私立を受けたという人も多く、そういう人は小石川より受験日が早く、自分の実力と比較して合格確率が高そうな学校を1,2校選定していた印象です。難しいところを受けて自信を無くすのも、簡単すぎるところを受けて緊張感がなく練習にならないのも勿体ないので!
      もし地元の中学ではなく、受験して合格したところに入りたいのならば、合格可能性も加味しつつ、そこに通いたい!と自分が思えるところを探してみてください。都立に似た試験のところがいい、理系に強い学校がいい、人数が少ないところがいい、英語教育に強いところがいい、こういう部活をやりたい、家から近いなど人によっていろんな基準があると思うので、ここで私がこの学校がおすすめです!と特定の学校名を挙げることは難しいです。少し空いた時間や休憩時間などにぜひ学校を見てみてください!

  54. 富士山 より:

    算数が得意なので私立中の過去問にも手をつけて勉強したいと思っています。適性に絞って勉強したほうが良いですか?

    • 富士中出身 三井 凜 より:

      得意科目の力をさらに伸ばすために私立の過去問にも取り組むというのは素晴らしいと思います。
      ただ、適性検査と私立の問題は性質が違ってくることがあるため、私立の問題演習に偏ってしまうといざ適性問題を解く時に支障が出る可能性もあります。
      また、私立に手をひろげると一気に過去問の量が膨大になります。絶対に適性に絞らなきゃいけないことはないと思うので、自分の手が伸ばせる範囲、余力が残っている範囲で私立の過去問に挑戦されてはいかがでしょうか?

  55. お酢 より:

    小6です。
    家では何時間程度勉強したほうがいいですか。

    • 武蔵中出身 洪多孝 より:

      勉強は時間ではなく質が大切になってくると思います。
      まず、第一志望合格という目標を掲げ、そのためには3ヶ月後どうなっている必要があるのか、一ヶ月後は、1週間後はと逆算して考えてみましょう。そうすると自然に今日1日で何をやらなければならないかが見えてくると思います。それを達成することができればいずれかは志望校合格という目標を達成することができると思います!
      どれくらいやるかではなく、何をやるかを意識してみてください!

  56. より:

    パースペクティブは今までにやってきたものをもう一度やるべきですか。

    • 両国中出身 渡辺香音 より:

      私は、間違えた問題や不安のある問題にあらかじめ印をつけて、その問題だけを2回目3回目と繰り返してやるようにしていました。
      逆に、1度で出来た問題や自信のある問題をもう一度やるのは時間の無駄だと思っていて、やっていませんでした。
      応援してます、頑張ってください!

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題がなければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
コメントが反映されるまで、少々お時間がかかります。